OB・OGお知らせ合格体験記合格速報

合格体験記2019 K.M

MUSTでは、取り組みづらい生物の体系的学習システムが整っているので、私は高1の秋から生物を受講し、高2から用語や記述に取り組み、高3時に演習量を増やすことができたのは、とても自信になりました。MUSTの自習室で勉強する習慣を身に着け、受験勉強に集中して取り組むことができました。

九大は二次重視なので、10月ごろまでは英・数・理は記述メインに取り組みました。センター対策は、年間を通じて模試でできなかったところを固めるよう心がけ、夏以降は隙間時間を利用して社会に取り組みました。センター試験後に、最新3年分の過去問を、実際の時間通りに解いて手ごたえをチェックしました。

数学・・・制限時間を設定し、1問1問考え抜くことを念頭に置いて過去問に取り組みました。苦手分野は問題集を使い、ちゃんと自分のものにできるようにしました。

英語・・・個別授業の中で和訳、説明問題、英作文などを添削してもらったことで、記述力が伸びたと思います。また、夏休みは毎日1題ずつ問題を解き、その期間に特に力がつきました。九大は語彙レベルも高いので、最後まで語彙力強化に努めました。

化学・・・学校教材をベースに、問題集などで苦手分野の演習を増やし、また、間をあけると感覚が鈍ってしまうことが多かったので、秋以降は典型問題などを、ペースを決めて解きました。

後輩たちへアドバイス

勉強するときはON/OFFをはっきりさせるといいと思います。MUSTでは夏にビーチパーティーをしたり、日々みんなで一緒に夕ご飯を食べたりして楽しかったので、勉強しながらも楽しみを見つけて、辛い受験を乗り越えてください!