OB・OGお知らせ合格体験記合格速報

合格体験記2019 T.D

MUSTでは生徒と先生の距離が近いので質問などがしやすく、生徒のニーズに先生方が全力で対応していました。MUSTに通う生徒のほとんどが熱心で、遊ぶような人はほとんどおらず、雰囲気もよかったです。時には先生方に日ごろの愚痴などにも付き合ってもらい、ありがたかったです。

自分は何よりもまず、どの教科においても勉強方法の確立を第一に考えて勉強しました。英語は高2のうちにある程度身に着け、あとは授業でやった長文をひたすら復習しました。数学は高2までにⅠA・ⅡB・Ⅲの基礎を身に着け、高3ではそれを利用するテクニックを身に着けるために様々な問題に挑戦して、解法を思いつくまでの道のりを自分で発見できるようにしました。解法は1つ1つちゃんと覚えていかないといけません。理科も高3になって苦労しないように、高2までに苦手意識をなくそうと努めました。

後輩たちへアドバイス

自分に合った勉強法を見つけることが、効率よく勉強するために必要なことだと思います。学校や塾で与えられたものをただこなすだけの受け身の勉強ではなく、自分から進んで様々な方法を試行錯誤し続けることが大事ですが、わからなくなったときは先生方に相談することも1つの方法です。高3になってからは意外と時間がないので、時間のかかる英数は高2のうちにできるだけ片付ける。理科の苦手意識も足を引っ張るのでそれを早めに解消することも大事。英数が整っていれば、理科は比較的短時間で伸ばせるし、センターの国社も何とかなるので、高2のうちに英数理が仕上がれば相当大きなアドバンテージになり、早いうちに二次対策に入ることができるので、早めのスタートが大事!