OB・OGお知らせ合格体験記合格速報

合格体験記2019 M.N

MUSTでは、2次力をつけるためには、授業内容習得にそれ相応の自習時間が必要だと考えられていて、授業がぎゅうぎゅう詰めではなかったので、わからない部分や復習したい範囲をじっくり考えて解く時間を十分確保できました。夕方まで比較的自由にスペースを使えるので、私は1Fの個別教室で自習するのが好きでした。常に先生方の姿が見えるので、「サボりたいなあ~」と思っても抑止力になるし、先生方も気にしてくださって、「調子どう?」とか「わからないところは質問にきてね」と声をかけてきてくださるので、「頑張ろう」と改めることができました。大きい予備校と違い、授業は少人数で行い、先生方との距離も近いので、「大勢の中の1人」ではなく、ちゃんと個人として認識してもらえ、自分に甘いところのある私には、MUSTの先生方との距離感はすごく合っていたと思います。

受験勉強について

・数学…現役の時からもともと苦手だったので、一浪の時(医学科受験のため夏休みに沖縄に戻ってきて)は青チャートで本当に基本的なところから復習して、授業内で理解できなかったところは先生方にすぐ聞いて、何回も解きなおしました。この一年は年度初めから参加できたので、MUSTのテキストをずっと使いました。余裕があれば自治医科大の数学はやった方がいいと思います。

・英語…授業で使ったテキストと、『英作文基本300選』

単語帳はターゲット1900を一通り終えて『東大英単語熟語』で語彙力強化を図りました。ターゲットのスマホアプリはたまに利用して覚えなおすのに役立ちました。

・化学…『化学重要問題集』『化学の研鑽』

・物理…『物理のエッセンス』の赤と青、『良問の風』『リードα』

理科は得意だったので、基本的にはMUSTのテキストをこなしました。ど忘れしている部分や、無機化学の範囲は反復練習しました。

・国語…『きめる!センター現代文』『古文単語ゴロゴ』『最短10時間で9割とれるセンター漢文のスゴ技』

センターでしか使わないので、1月に入ってから集中的に過去問を解きましたが、そんなに好きな科目でもなく、参考書を1冊ずつ絞って使ったのがよかったと思います。単語や句形、助詞・助動詞とか覚えないといけないものは日常的に取り組みました。

・世界史…薬科生なら、S先生の授業プリントだけでセンターは問題ないと思います。教科書、教科書準拠のノート、『イラスト大図解』『学習漫画 世界の歴史①~⑳』『学習漫画 中国の歴史①~⑩』『NEW STAGE世界史詳覧』教科書以外で大きな流れをつかみ、必要な部分は書き込んだり、コピーしてノートに貼ったりして、自分用ノートを作りました。

後輩たちへ

私は薬剤師という職業についてあまり深く考えずに薬学部に一度進学し、そこでいろいろな話を聞いて医師になりたいと思ったので、回り道をすることになりました。一番大事なのは、自分の将来について責任もって考えることだと思いますが、高3の時の私のように、何がしたいのか明確にわからなかったら、新しい環境に飛び込んでみるのもいいと思います。そこが自分に合っているかもしれないし、違う目標が見つかるかもしれません。結果的に私は回り道をしたことになりますが、沖縄に戻って浪人した期間は無駄だとはまったく思いません。特に、現役時に全然できなかった数学ができるようになってからは、どんどん勉強が楽しくなり、この一年半で自分の弱さや嫌な部分とも向き合えたので、人間的に成長できたかなと思います。だから、自分と相談した結果、「やりたい!」と思ったことにはどんどん挑戦してみていいと思います。その過程で学力が必要になればMUSTの先生方が親身にサポートしてくださり、一緒に目標に向かって後押ししてくれるので、先生方を信じてやるべきことをこなせば、結果はちゃんとついてくると思います。