合格体験記合格速報未分類

合格体験記2020 J.A

私は高2の夏後半に、高校の担任の先生から勧められてMUSTに入塾しました。現役時は、基礎が全然できていないのに、何とかなるだろうと甘い考えを持っていたため、本気で受験勉強をしていませんでした。そして、当然センター試験で点数がとれず、浪人することになりました。

浪人時は、去年の自分を変えたかったので、3月から毎日朝8時から夜の22時までMUSTで勉強しました。きついと思う日もあったけれど、MUSTの先生方はとても優しく、アドバイスをくれたり、時にはおしゃべりもしたりして笑わせてくれたので、とても楽しく充実した一年を送ることができました。成績面では、先生方に今、自分が使うべき参考書を聞いて、基礎を一からやり直し、授業で応用問題を解いて復習し、わからないところはすぐに質問することを繰り返すうちに、どんどん出来るようになりました。また、積極的に先生たちと関わることで、間違えた勉強方法をすることなく、ちゃんと成績を上げることができたと思います。

・受験勉強について
国語は、授業で扱った問題を毎日、朝誰もいないときに音読し、古文や漢文は訳を見なくても全部自分で訳せるようにしました。現代文では、授業をしっかり聞き、先生の話を理解することで力がつき、苦手意識がなくなりました。

数学は、3月から4月で「黄チャート」を使って基礎固めをしました。私は、地頭も良くなくて、人一倍解くのに時間がかかったけど、必死で授業についていき、何回も解き直しました。

英語は、授業内容で使ったプリントを毎日復習しました。夏頃に英語の成績が下がったり、英語が読めなくなり焦ったけれど、先生から個別に課題をもらい、持ち直すことができました。

化学は、全範囲を「ニューステップアップ」を使って基礎を完璧にし、「重要問題集」で演習をしました。

生物は、理屈がとても大事で、特に記述プリントは理屈を理解する手助けにもなるし、記述の書き方も身に付けることができるので必ずやったほうが良いと思います。あとは、「大森117」を覚えるくらい読み返し、問題集を使って演習しました。(良問とか大森159)

・これから浪人する人たちへのアドバイス
私はこの一年間、受験勉強を頑張ったと自信を持って言えるくらい勉強しました。同じところで勉強していたら集中力が切れたりするので16時くらいまでは1Fの教室で勉強したり、自習室の席も、私はすぐに怠けてしまうので、一番手前の外から見える所に座るなど、自分なりに工夫もしました。浪人生活はきついと思ってる人もいると思いますが、日を追うごとに成長している自分に気づくと案外楽しいです。一年間自分に向き合うことで人間的に成長できたと思います。これから浪人を考えている人は、まず、浪人させてくれる親に感謝し、絶対に後で後悔しないように一日一日を大切にして精一杯努力してください。そしたら、結果が伴わなくても、浪人してよかったって思えるはずです。私自身、第一志望には届かなかったけど、この一年やりきったし、MUSTで浪人できて良かったです。これから浪人する皆さん頑張って下さい!応援してます。